天光寺で御座います。

f:id:tenkouj04:20190409123638p:plain

天光寺には、 皆様から護摩焚きのご依頼が多くありましたので、5月28日(木)に「大護摩供養」を開催いたします。

 

詳細を下記致しますので、ご興味があり「参加されたい方」や「参加を考え何かお聞きになりたい方」はメールもしくは電話にてご連絡ください。

 

【大護摩供養】

日時:5月28日(木)15時00分 開始
場所:天光寺 総本山

護摩焚き・護摩木について】

護摩焚は、密教独自の秘法であり、本尊大日如来の教令転身である不動明王の善導により、仏様の御心と私たちの信じる心が一体となり、心願成就に絶大な効果を発揮する。また人々を高い精神的境地へ導き、即身成仏に至る修法として重要な意味を持っている。護摩は「供物を火に投げ入れて祈願する」という意味のサンスクリット語「ホーマ」の音写で密教儀礼として内容を整えたもので、密教では、護摩木を煩悩、火を智慧の表示とし、智慧の火で煩悩の護摩木を焼き尽くすことを意味している。

護摩焚き申込は下記のURLを参照下さい。

https://www.tenkouji.jp/wp-content/themes/tenkouji/pdf/20200115.pdf

臼杵山 総本山 天光寺
〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

 

f:id:tenkouj04:20190729114140j:plain





除霊・お祓い・心の問題でお悩みの方へ無料相談を行います。

天光寺で御座います。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

天光寺がございますこちら檜原村は、いつもと違った雰囲気のままゴールデンウイークを明けました。新型コロナウイルスが一日も早く終息しますことを心から願うばかりです。

さて、天光寺では、表題に記させていただきましたとおり、「お祓い・除霊・心の問題でお悩みの方へ無料相談を行います。」

皆様には、悩みがなく又は解消され、健やかに穏やかにお過ごしいただけますことをお祈りします。


不安なこと、心配なこと、悩んでいることはございませんか?

天光寺がお手伝いできるのであれば、心から寄り添って参ります。

令和2年5月11日午前11時より無料相談がスタートしました。

皆様、お気軽にメール、電話でお問合せくださいませ。


天光寺護摩焚祈願!!!

天光寺で御座います。
今日4月28日(火)は、「天光寺護摩焚祈願コロナウイルス撃退」と題し、護摩焚を実施しました。
皆さま、沢山の祈願をお寄せくだいさまして、誠にありがとうございます。皆さまの一つ一つの祈願、責任をもってお焚き上げ致しました。








コロナウイル撃退 コロナウイルス退散 病魔退散 悪魔退散 心願成就 合格祈願 学業成就
開運招福 子宝成就 當病平癒 交通安全 旅行安全 良縁成就 病気平癒 身体健康 事業繁栄
所願成就 家内安全 商売繁盛 夫婦和合 工事安全 無病息災 就職成就 災難削除 心身健全
良縁成就 子宝祈願 安産祈願 寿命長久 必勝成就 入学成就 安産成就 新築成就 方位除
厄除 開運


天光寺では、令和2年になり、ニューフェイスを交えての護摩焚となりました。若い僧侶が修行中でございます。燃え盛る炎を前に限界に至るまで声を発し、太鼓を叩く姿、、、、。

見学者からは「物凄いパワーを感じた!」「見えないご利益にあづかった気がする!」「この場所に今日同席できたことに心から感謝したい!」と感想を頂戴しました。

今、世界、日本、そして皆さまの状況は耐えに耐えている状況だと存じます。天光寺では、新型コロナウイルスに罹患された方のお見舞い、ご快復とそして一刻も早い終息を衷心より祈ります。

コロナウイルス撃退!コロナウイルス撃退!コロナウイルス撃退!まだまだ天光寺では声を、そして願いをあげていきたいと思います。

f:id:tenkouj04:20200310104556j:plain

 

お申込みはお済みですか?天光寺護摩焚祈願!

天光寺で御座います。

天光寺では、新型コロナウイルスに罹患された方々のご快復と一刻も早い終息を祈ります。

皆様、もう、お申込みはお済みでしょうか?

来る2020年4月28日(火)、コロナウイルスを撃退すべく、天光寺では護摩焚祈願を開催いたします。



祈願・祈祷は無料でございます。コロナウイルスが猖獗を極めております。ご足労をおかけすることなく、皆様にはメール、FAXで祈願をお寄せいただきます。


コロナウイルス撃退、心願成就、学業成就、開運招福、商売繁盛、安産祈願、良縁成就・・・人それぞれ。あなたの祈願をお届けください。

詳細は↓↓↓↓下記のとおりです↓↓↓↓




天光寺で瞑想を体験してみませんか?

天光寺で御座います。

 

今日は、自己を輝かせて、もって生まれた「肉体」「感情」「精神」の健全さを取りもどす「瞑想」について触れてみます。

 

f:id:tenkouj04:20200227103203j:plain



天光寺では密教座談と瞑想法(阿字観瞑想)の指導をしています。瞑想法を用いて無意識(無我)層のもっと深い領域に入ることによって、様々な良い効果を得ることができます。

 

阿字観瞑想について少しだけお知らせします。 肩の力を抜いて緊張しないように自然体で読んでください

 

阿字観瞑想(初心者用) 一部抜粋

梵字の「ア」の一字に、自身の本不生を徹見し、自己の本源である大日如来の根本大生命を己が心として、創造的に生き抜く密教瞑想法(真言禅)

 

一、  入堂

手を洗い口をそそぎ、ゆったりとした服装をして、静かに道場に入る。(瞑想中、他の人の出入りを禁止)

二、  三礼

阿字観本尊の前に至り、立ったまま合掌し、膝を少し曲げながら、頭をわずかにかがめて二度礼拝し、三度目は床に両膝両肘と軽く額をつけ、礼拝する。

三、  着座

四、  浄三業  蓮華合掌

(観念)「蓮華は泥中にあっても清らかなように、この私の身も心も、本来清浄である」

七、五大願

  衆生は無辺なり 誓って度わんことを願う

  福智は無辺なり 誓って集めんことを願う

  ・

  ・

  菩堤は無上なり 誓って証らんことを願う

 

十一、出定

   眼を閉じたまま深呼吸を二、三度し、両掌で頭から足の方へ、体に直接触れずに撫で下ろすようにして、呼吸や血液循環が次第に平等に戻ってから、静かに眼を開ける。深い定に入った時ほど時間をかける。

十三、祈念

   「生かされていることに感謝し、阿字の霊光に照らされて自己を深め、社会を良くすること」を祈念する。

十五、出堂

   生きとし生けるものに慈悲の心を抱いて、座したまま合掌し、一礼して出堂する。

 

瞑想の効果は?
ストレス解消、「肉体・精神・感情」
のバランス、精神力の強化、心身の浄化、天性能力の開花(天命の発見)、意識の変容、深い休息、超感覚、超意識              etc…


 

 

天光寺で、お待ちしております。気持ちのご負担なく、遠慮なくお問合せください!

 

  • 時間12時30分集合
  • 瞑想   60分 4,000円(税込)
  • 五感瞑想 60分 8,000円(税込) 

f:id:tenkouj04:20200310104556j:plain

 

天光寺護摩焚祈願によりコロナウイルス撃退

こんにちは。天光寺でございます。

 新型コロナウイルスに罹患された方々のご快復と一刻も早い終息を祈り護摩焚祈願を開催します。

天光寺では、毎月28日に大護摩焚を行っています。

 



令和2年4月28日(火)は世界人類平和のために、5000本の護摩木をコロナウイルス撃退祈願のため御焚き上げ致します。コロナウイルスの情勢を踏まえ、皆様にご足労をいただくのではなく、メールやFAXで祈願を頂戴し、お焚き上げ致します。

 

「ご希望の方」はメールもしくはFAXにてご連絡ください。

 

【天光寺護摩焚祈願】 
日時:4月28日(火)13時00分より5000本の護摩木が終わるまで

場所:天光寺総本山

※4/28護摩焚祈願は無料で参加可能で御座います。
※今回は皆様にお越しいただくのではなく、頂戴した祈願をお焚き上げ致します。

 

護摩焚き・護摩木について】

護摩焚は、密教独自の秘法であり、本尊大日如来の教令転身である不動明王の善導により、

仏様の御心と私たちの信じる心が一体となり、心願成就に絶大な効果を発揮する。

また人々を高い精神的境地へ導き、即身成仏に至る修法として重要な意味を持っている。

護摩は「供物を火に投げ入れて祈願する」という意味のサンスクリット語「ホーマ」の音写で

密教儀礼として内容を整えたもので、密教では、護摩木を煩悩、火を智慧の表示とし、

智慧の火で煩悩の護摩木を焼き尽くすことを意味しています。



【お申込み・お問合せはこちら】↓↓↓

https://www.tenkouji.jp/wp-content/themes/tenkouji/pdf/200413_001.pdf






 

感想文の紹介

おはようございます。天光寺で御座います。

今日は、不登校を克服した方の感想文を紹介します。

僕が学校に行かなくなったのはクラスに馴染めなくなったからです。4年生になった時のクラス替えで新しいクラスになり担任の先生も苦手で授業もつまらないし、学校も面白くないし、学校に行く振りをして外をぶらぶらしていました。しかし学校から電話が来て先生にも親にも怒られました。そのまま何ヶ月か学校に行ったり行かなかったりしていたら親にお寺に修業に行かないかと言われました。

行く必要は無いと思ったのですが学校に行くよりかはましだと思い行くことにしました。

お寺での修行は正直とても辛かったです。自分の身の周りの事はほとんど自分でしなくては行けなくてお母さんが毎日頑張っていてくれていたことを知りました。

お寺では早く帰りたいと思っていたけど最終日は帰るのが少し寂しくなりました。お寺で修行をして僕には根性が付いたと思います。家に帰ったら根性を出して学校に行ってみようと思います。